【全国24時間・年中無休】婚姻届・離婚届の証人代行サービス

夫婦の愛情がなくなってしまった…離婚はできるの?

結婚当時は夫は優しく、休日も家族のため時間を割いてくれたのですが、最近は毎日ゴロゴロしています。
私もそんな夫に愛情が冷めてしまい、離婚を考えています。

 

このように、夫婦間の愛情が冷めてしまい、離婚を真剣に考える夫婦はいらっしゃるかと思います。この場合、離婚はできるのかどうかを解説していきます。

 

 

愛情がなくなった:協議離婚、調停離婚であれば離婚可能

 

まず、夫婦の話し合いで行う協議離婚や、調停離婚であれば、離婚原因が何であろうとお互いに合意できれば、離婚が成立します。

 

ですので、まずは夫婦でよく話し合ってみることが大切です。離婚に併せて、子の親権についてや、養育費、財産分与などの事項も決めておくと良いです。

 

ただし、協議が整わず、調停でも解決しなかった場合には、離婚裁判に進みます。この場合、果たして愛情がなくなったことを原因として離婚できるのか、という点が問題となります。

 

結論:愛情喪失だけでは離婚原因として不十分

 

結論から言いますと、ただ夫婦の愛情がなくなっただけで裁判離婚が成立するかというと、難しいでしょう。これだけでは離婚原因としては不十分と言えます。

 

離婚裁判で離婚が認められるためには、夫婦関係が破綻している事実を証拠として示す必要があるのです。

 

ただ愛情が冷めただけで、他に問題がないのであれば、それだけで離婚が認められることはないでしょう。愛情の有無とは目に見えないので、客観的な証拠ではありません。

 

裁判離婚が成立するケース:夫の暴力と長期別居など

単に愛情が喪失しただけでは離婚は認められませんが、愛情が喪失した原因が夫の度重なる暴力であり、それによって長期別居状態にあるようなケースだと、離婚が認められる可能性は大きいです。

 

暴力などを原因として一方が家を出て、長期間別居をし、それでもなお離婚したい意思が固いのであれば、夫婦関係は破綻していると判断されるでしょう。

 

大切な点として、夫婦関係を改善しようと歩み寄った努力も必要です。何度話し合っても改善に向かわなかったような場合、離婚が認められることになるでしょう。

 

逆にお互いに歩み寄りが足りず、話し合いで改善できる余地がある場合には、離婚が認められる可能性は小さいかと思います。

 

まとめ:離婚を前に証拠を用意しておく

協議離婚や調停離婚であれば、どんな理由であれ夫婦の合意があれば離婚は成立します。ですが裁判になると客観的な証拠と理由が必要となります。

 

単に愛情がなくなっただけでなく、愛情がなくなった原因や歩み寄りの記録、長期別居や暴力などの証拠を揃えて離婚に臨むと良いでしょう。

 

 

浮気の証拠集め、弁護士に法律相談をしたい方

 

浮気が原因となる離婚などで、希望する慰謝料を請求したいなど、裁判では証拠集めが必要不可欠です。下記サイトは無料相談もあるので、不安な方はどうぞ。

page top