【全国24時間・年中無休】婚姻届・離婚届の証人代行サービス

親族関係(不和)が原因で離婚できるか?

 

嫁姑問題を代表例として、配偶者の親族とうまくやっていけないという悩みを抱えた方は非常に多いことでしょう。

 

とくに二世帯住宅で相手側の親族と同居するような場合では、お互いに顔を合わせる機会が多々あり、かなり気を遣うことになるでしょう。

 

比較的多くの方が体験するであろう親族トラブルですが、親族との不和を原因として離婚することは可能なのか、解説していきます。

 

 

夫婦関係が破綻していなければ離婚は難しい

 

夫婦の話し合いにより離婚する協議離婚や、調停離婚の場合には、離婚の理由は何でも構いません。大した理由でなくても夫婦で合意ができれば離婚は成立します。

 

ですが、夫婦どちらか一方が離婚に反対する等の理由から争いになり、離婚裁判となった場合には話は別で、婚姻を継続しがたい重大な事由がなければ離婚は認められません。

 

結論として、親族との不和だけが問題である場合、離婚が認められる可能性は低いです。

 

裁判離婚が認められるためには、親族関係の悪化が起因して、夫婦関係が破綻しているような場合となります。

 

つまり、親族との不和はあるが夫婦関係には問題ないようなケースでは、裁判で離婚が認められるのは難しいでしょう。

 

夫(妻)に親族問題について関心を持ってもらう

例えば妻が姑との関係に問題を抱えているのであれば、一度夫に対して相談してみると良いでしょう。夫にも家庭を平和に保つ責任があります。

 

夫の介入により嫁姑問題もある程度は解消されるでしょう。ですが場合によっては夫が無関心で全く介入してくれないケースも考えられます。

 

そういった場合には、妻から夫に対して、嫁姑問題への介入を拒み続けるようなら離婚を考える旨を伝えると良いでしょう。

 

それでも夫が無関心なのであれば、裁判でも離婚が認められる可能性はあります。

 

親族との不和が原因の離婚を回避する方策

 

ここでは便宜上、嫁姑問題のケースで夫、妻にできることをお話ししていきます。

 

親族との不和を回避:夫にできること

嫁姑問題について、夫の立場でできることとして、以下のようなことがあります。

 

  • 妻の不満にしっかりと耳を傾ける
  • 親(姑)と話し合い妻への干渉を抑えてもらう
  • 親(姑)と妻が2人きりになる時間を少なくする

 

夫の立場からは、妻の相談に耳を傾け、客観的なアドバイスができると良いでしょう。嫁と姑のどちらに問題があるのか、ひいき目なしに判断することが大切かと思います。

 

親族との不和を回避:妻にできること

続いて妻の立場からできることとして、次のようなことがあります。

 

  • 可能ならば姑に歩み寄る努力をする
  • パートに出るなど顔を合わせる時間を調整する
  • 勇気を出して夫に相談する

 

嫁と姑のどちらが正しいということではなく、可能な範囲で姑に歩み寄る努力も多少は必要でしょう。すると姑も歩み寄ってくれるかもしれません。

 

他には、夫が仕事で家にいない時間帯にパートを入れるなど、姑と二人きりになる時間を調整することも大切かと思います。

 

また、問題が大きくなる前に、勇気を出して夫に相談することが大切です。裁判になった場合では、家庭を平和に保つ努力を自らしたかどうかも重要だからです。

 

まとめ

嫁姑問題はお互いが意地を張り合っていると、泥沼化してしまい、離婚を考えるという辛い状況を招きます。夫は妻の相談に耳を傾ける、妻は姑に歩み寄る、等の努力をし、少しでも家庭が平和になるよう行動していく必要があります。

 

何を相談しても夫が完全に無関心で、家庭を平和に保つ努力をしてくれない場合に初めて離婚を考えるべきでしょう。

 

浮気の証拠集め、弁護士に法律相談をしたい方

 

浮気が原因となる離婚などで、希望する慰謝料を請求したいなど、裁判では証拠集めが必要不可欠です。下記サイトは無料相談もあるので、不安な方はどうぞ。

page top