【全国24時間・年中無休】婚姻届・離婚届の証人代行サービス

離婚しても苗字はそのままにする(旧姓に戻さない)手続き

 

婚姻により氏(苗字)を相手の氏に改めていた者は、離婚により婚姻前の氏に戻ります。ですが、場合によっては婚姻中の氏をそのまま名乗りたいこともあるでしょう。

 

この記事では、離婚しても氏をそのままにする届出についてご説明します。

 

 

原則:婚姻で氏を変更した者は離婚により復氏する

原則として、結婚時に氏を変更していた者(一般的には妻)は、離婚して配偶者の戸籍から抜ける場合、結婚前の氏に当然に戻ります。これを復氏といいます。

 

民法に以下のとおり規定があります。

 

(離婚による復氏等)

第七百六十七条 婚姻によって氏を改めた夫又は妻は、協議上の離婚によって婚姻前の氏に復する。
2 前項の規定により婚姻前の氏に復した夫又は妻は、離婚の日から三箇月以内に戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、離婚の際に称していた氏を称することができる。

(出典:e-gov-民法)

 

ですが、仕事上の都合や友人関係などから、婚姻中の氏(配偶者の氏)をそのまま名乗り続けたい方もいらっしゃるでしょう。

 

上記の条文(第2項)にも記載がありますが、離婚から一定期間内に届出を行うことで、婚姻中の氏をそのまま称することができます。

 

離婚しても苗字をそのままにする手続き

 

それでは離婚後も苗字をそのままにして婚姻前の苗字(旧姓)に戻さない手続きをご説明していきます。

 

具体的には、「離婚の際に称していた氏を称する届」という届出を役場に行います。

 

提出書類と添付書類

届出をする際に提出する書類、必要なものについて以下に示します。

 

必要なもの

備考

離婚の際に称していた氏を称する届

役場窓口で入手可能(HPにてダウンロード可能)

戸籍謄本1通

本籍地以外で届出する場合(離婚届と同時に提出する場合は除く)

マイナンバーカード

お持ちの方

 


届出書は役場の窓口で入手できます。窓口で問い合わせてみましょう。

 

なお、市区町村HPによっては届書をダウンロードできることもあります。その場合はA4サイズの用紙に印刷して使用可能です。

 

提出先

住所地または本籍地の役場に提出します。

 

提出時期

離婚から3か月以内とされています。

 

なお、「離婚の際に称していた氏を称する届」は離婚届の提出と同時に提出することも可能です。

 

「離婚の際に称していた氏を称する届」の書き方(記載例)

参考までに、離婚の際に称していた氏を称する届の書き方をご紹介しておきます。

 

離婚の際に称していた氏を称する届(記載例)

 

上記届書の書き方について、「離婚届と同時に提出する場合」を例にご説明していきます。

 

離婚の際に称していた氏を称する人の氏名

この届出により婚姻中の氏を引き続き名乗りたい者の氏名を記入します。生年月日も忘れず記入しましょう。

 

住所

上記の者の現住所(住民登録しているところ)を記入します。世帯主の氏名も記入しましょう。

 

現在の本籍

戸籍の本籍地を記入します。今回は離婚届と同時に提出するので、離婚前の本籍を記入します。記載例では、配偶者を筆頭者とする戸籍の本籍を記入しています。

 

なお、離婚後3か月以内に届出を行う場合は、ご自分の新しい戸籍の本籍地を記入します。

 

変更前の氏(現在の氏)と変更後の氏(離婚後に称する氏)

届出される方の現在の氏と、離婚後に称する氏を記入します。

 

例では離婚届と同時提出なので、現在の氏も変更後の氏も婚姻中に称していた氏となっています。

 

離婚年月日

離婚が成立した年月日を記入します。

 

離婚の際に称していた氏を称した後の本籍

新しく作る戸籍の本籍地と筆頭者氏名を記入します。

 

届出人の署名押印

届出本人の自書による署名・押印が必要です。

 

日中連絡のとれるところ

携帯電話など、確実に連絡のとれる電話番号を記載しましょう。

 


 

まとめ

以上、離婚後も婚姻中の氏(苗字)を名乗り続けるための、「離婚の際に称していた氏を称する届」についてのご説明でした。この届には期間制限があるので、可能ならば離婚届と同時に提出できると良いでしょう。

page top